賃貸オフィス、解約時の注意点

賃貸オフィスの契約は、店頭で品物を買って代金を支払うのと異なり、入居したら退去するまで継続的に利用し、賃料を支払う継続取引です。
解約については、契約書でルールを決めており、退去の前に何カ月以上の余裕を持って通知することが義務付けられています。急な退去の場合は、解約予告手当として、事前通知期間が足りない分の家賃を、利用していなくても支払う必要があります。
オフィス移転や退去の予定があるときは、通知に要する期間を契約書で確認して、後日のトラブルを避けるため、口頭ではなく書面で計画的に連絡することが大切です。