賃貸事務所を借りる時は連帯保証人を必要とする

賃貸事務所を借りる場合には連帯保証人が必要なケースが殆どですが、普通は賃貸事務所を借りている代表者が連帯保証人となります。
しかし場合によっては第三者にそれを求めて来るところもあるので、注意する必要があります。
賃貸事務所のオーナーからしたら本当に賃料を滞納せずに払ってくれるかが問題となるので、その意味からも第三者にそれを求めるケースがあるのです。
ただ最近ではそういったものが不要な場合もあり、そのような事務所を借りる人が増えています。
この場合にはお互いの信頼関係で成り立つことになるので、その信頼を裏切らないようにする必要があります。